ポリープ切除

ポリープのイメージ写真

当クリニックでは大腸ポリープに対して日帰りポリープ切除(内視鏡下大腸粘膜切除術)を施行しています。
大きさ・形状・存在部位などから切除可能なポリープを的確に判断しさえすれば、日帰りでも十分に安全にポリープを切除できます。
ただし、大きなポリープ、癌が疑われるポリープ、粘膜の深層まで入り込んでいるポリープ、平坦型のポリープなどは切除後のリスク(出血や穿孔、取り残しなど)が高いため、 入院が必要になりますので、後日連携病院を紹介します。

  • 稀ではありますが、出血、穿孔のリスクを伴う治療です。
  • 治療後には安静を保ち、数時間の経過観察をさせていただきます。
  • リクライニングで横になれるベッドにてお休みいただくことが可能です。
  • さらに、術後1週間は激しい運動や飲酒を避けていただきます。
  • また、内服中のお薬の種類によっては治療ができないケースがあります。

大腸ポリープとは

大腸ポリープとは、大腸の粘膜からとびでているものの総称で、大きく腫瘍性ポリープと非腫瘍性ポリープに分けられます。
非腫瘍性ポリープには、腸炎などの炎症のあとにできる、炎症性ポリープや、一種の老化現象ともいえる過形成性ポリープなどがあります。
腫瘍性ポリープは、良性の場合、大半が腺腫と呼ばれるものであり、悪性の場合、大半が「がん」ということになります。
大腸がんのなかには、ポリープ(腺腫という良性腫瘍)が悪性化・がん化したものが多くあります。 腺腫は将来「がん」になる可能性があり、ある大きさ以上になったり、形がいびつになったりなどすると、内視鏡で切除します。
ポリープを内視鏡で切除する場合、ほとんどがこの腺腫や、早期のがんを対象にすることになります。

日帰り大腸ポリープ切除術について

大腸ポリープ切除術の手順は、通常の大腸内視鏡検査と同様です。
肛門から大腸の一番奥の盲腸までファイバーの先端が到達したら、内視鏡を抜きながら、大腸の粘膜を観察してきます。
大腸内視鏡検査で大腸ポリープを認めた場合、あらかじめ同意されていた方は、その場で以下のようにポリープ切除術を行います。
スネアというワイヤでしばって通電するのですが、痛みはありません。

大腸ポリープ切除術後の注意事項

ポリープを切除した後は、院内ベットで休んでいただいた後、問題なければ帰宅していただきます。
ただし、頻度は少ないですが、出血や穿孔といった合併症もあるため、手術後約1週間は以下のことに注意してください。

  • 大腸内視鏡手術後はおなかが張っておりますので、ガスを出してください。時間を追って楽になります。
  • 1週間は胃腸に優しい食事をしてください。刺激物、脂っこいもの、アルコールは避けてください。
  • 当日の激しい運動はおやめください。また、お風呂も長風呂を避け、シャワー程度が無難です。
  • 散歩などの軽い運動は検査翌日から可能ですが、腹圧のかかる運動(ゴルフ、テニス、ジョギング)などは1週間避けてください。
  • 便秘にならないよう、水分は多めに摂取しましょう。
  • 便に混じる少量の出血なら心配はいりませんが大量の出血がみられた場合、激しい痛みが出た場合はクリニックへ至急連絡してください。